『Popoちゃん日記』と、優れモノ

7月10日(日)は、Popo9回目の抗がん剤の日でした。

この日の抗がん剤は、日本では未承認の『ロムスチン』と言う成分で出来ている
【CEENU(シーヌ)】と言う経口の抗がん剤でした。
(【CEENU】については、また後日・・・と言う事で。)

この日は、抗がん剤の他に、
4日間出てなかったウンチを出して貰って、
右足の傷の治療もして貰いました。

溜まってたウンチはね、先生がPopoの腸をモミモミしながら、
少しづつ出してくれましたよ^^。

そして、右足の傷ですが・・・

以前書いた『Popoが家の子になったいきさつ』の中でも触れましたが、
Popoは右足の先っちょがない子で、その傷口は血がにじんで
骨が見えていました。

それでPopoを拾って来た翌日からは、その治療の為に病院に通ったのですが
その時、通った動物病院の先生からは、足先を切る手術を勧められました。

Popoの傷口からは骨が少し出てる状態だったので、
「このまま治療を続けても骨は出たままになるから、足先を切って
更にその断面から骨が見えなくなる状態まで骨を削って、
その骨の先を覆う様に皮膚を縫合する事で足先にもちゃんと皮膚が出来る。」
と言う説明を受けました。

それを聞いた時、私はパパちゃんに相談する前に「手術はしない」と決めた
記憶があります。

手術をしたら、もう既に何センチかないPopoの足は
今より更に2cmくらい短くなる・・・

と思ったら、
それがたった2cmとは思えなかったし、壊死してるワケじゃないPopoの足を
手術で切っちゃうなんてどうしてもイヤだったから、その日仕事から帰って来た
パパちゃんに、先生に手術を勧められた事と、私の気持ちを話したら、
パパちゃんも「手術はやめよう」と言ってくれたので、Popoの手術はせずに
通院と塗り薬での治療をしました。

その後、
少し時間はかかったけど、骨のトコにはうっすらだけど綺麗に皮が張って、
足先から3cmくらいの怪我してた範囲は毛が生えてないけど、
傷1つ残ってないピンクのつるんつるん状態になりました^^。
(その1年後くらいには、足先に丸いボンボンみたいな可愛い毛が生えて来て、
数年後には、毛ぇボーボーになりましたよ^^。)

その後も数か月間は、床やタイルの上に着地した時、
右足を付いて出血する事があったけど、
それも薬を塗れば2~3日ですっかり治るし、
1歳を過ぎた頃には高い所から飛び降りる時も、
固い所だと右足を着くことなく着地したり、
出血しそうな所では右足を着かずに歩くし、『夜中のひとり運動会』もするし^^、
ベッドやソファーなんかのふかふかなトコを歩く時には、バランスを取る為に
右足を着いて歩いたりと・・・
自分で上手に右足の使い分けが出来るようになった
Popoを見て、(やっぱり足を切らなくて良かった^^)と思いました。


だけど・・・

すっかり体力が無くなって来た最近のPopoは、
右足を着かないと歩けなくなりました。

30cmくらい歩いては休み、また30cm歩いては休み・・・を繰り返して
目的の場所まで移動する様になったPopoだから、そんなにたくさんの
距離を歩くワケじゃないけど、板の間や薄いマットの場所を好む様になった
Popoの右足の先は、血がにじむ様になりました。

昔だったら、薬を塗れば2~3日で治った傷も、癌と抗がん剤の影響で
薬を塗っても全然治りません。

傷を治す働きをすると言う白血球って、凄いものなんだな・・・って
改めて思います。


あの時にPopoの足を切る手術をしてたら、癌で苦しいPopoに足の痛みまで
背負わせる事はなかったのに・・・Popoごめん。

後になって悔やむ・・・後悔とは良く言ったもんだなぁ・・・。


あかん!また長~い反省文になるトコだった
後悔なら、心の中でしとけっ!です、ハイ。


そう!今日は、
Popoの9回目の抗がん剤をした事と、ウンチ出して貰った事と、
Popoの右足の怪我の事と、その治療をして貰った事と、それから
Popoの右足の治療をして貰った時に動物病院の先生が使ってた
優れモノの事を書こうとしてたんです。・・・なのに私ったら、もぅ


その優れモノは、先生がPopoの足に巻いた・・・





画像
この黄緑色の
テープです。

・・・って、
寝てる
Popo写真
だと、ちょっと
わかり難い
かな^^?


















画像
足先に
クッションになる
キッチンペーパーが
入ってるから、
黄緑の長靴
履いてる
みたいに
なっちゃってる
けど(笑)、
これがその
優れモノ
テープです^^。











治療を終えた先生から
「1日2回、傷口がじくじくだったら、じくじくを洗い流してから薬を塗って
そこをラップで包んでから、ラップが取れない様に包帯か何かを巻いて
おいてね。」
と言われたので、その夜、Popoの薬を塗ろうと黄緑のテープを
剥がしてみたら・・・


手にも毛にもくっ付かないのに、テープ同士はピタッとくっ付く!
なのに、テープ同士でも割と剥がしやすい!だから、何度か使えちゃう♪
(程よい伸縮性!手で切れる!と言うオマケ付きです^^)
と言うテープで、その使い勝手の良さと言い優れものっぷりと言い・・・
パパちゃんと二人で感動しました

はい、テープが汚れてなかったし、傷口に直接当てるワケじゃないから
その夜は巻いてあったテープを、も1回使いました(≧m≦)。

Popoの足に使い回しテープを巻きながら

「こんな良いモンがあるなら、最初っから売ってくれよ~先生~」

と言ってたパパちゃんは(笑)、早速昨日、仕事帰りに病院に行って・・・





画像


この優れモノ
テープを
買って来て、
昨日の夜は
ちゃんと
新しいテープを
巻きましたよ^^




















怪我の治療・点滴・手術などをした事がある子の飼い主さんなら
1度は経験した事があるかと思いますが(ないかもですが)・・・

点滴跡に巻かれたり、傷に当てたガーゼを留めるテープが
毛にまでしっかり貼り付いてて、はがす時に一苦労したこと
ありませんか?

我が家のPopoは抗がん剤治療を始めてから、
帰って来たPopoのテープを剥がすのに、
毛に貼りついたテープのトコを水で濡らしたり、
Popoに多少の犠牲を払って貰って毛を抜いちゃったり(笑)
最終的には、毛を切った事もあります。

場所や場合によっては使えない事もあるかもしれませんが、
飼い主さんの一苦労も、ワンコにゃんこに犠牲になって貰う事も減ってくれる
テープじゃないかな?と思いました。色も可愛いしね^^。

ささいな事のようですが、そんなささいに思える事に気を使って貰えたら、
家族としては、とても嬉しいですよね^^。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

邪悪親爺
2011年07月12日 21:56
その優れもの、知ってます
コロンの尻尾、足の怪我の時に巻いてました

散歩に行く時は、その上からラップを巻いて
ワンコ用の靴下を履かせてました

Sサイズの靴下なら、POPOも履けるよね
滑り止めも付いてるから、少しは歩きやすいんでないいかい?
kazubo
2011年07月13日 06:56
jack親父→ジャック親父→ジャアック親父・・・→邪悪親父
そうか!そうだったのかフムフム。
jackさん、今頃気づいてごめんなさい(笑)。
あれニヤッ?もしかしてjackさん、『邪悪親爺 北海道』でランキングに登場してるかも^^?
してて、ランキングに『邪悪親爺 北海道』の名前見つけたら、もんの凄く嬉しいだろうなぁ

ところで、jackさんはこの優れものテープ知ってたんですね^^。コロン君も使ってましたか^^。無駄に毛を抜かれちゃう事無く、巻く&取る間の大人しくしてなきゃイケナイ時間も軽減されるし、動いてもズレ難いし・・・ワンコにも飼い主にも負担が少ないこのテープなかなかのもんですよね♪あれ?もしかして知らなかったの我家だけとか?・・・未だに昭和な暮らししてる我が家だから十分にあり得るぅ(≧m≦)
伸縮包帯にしようか?それともCocoにはちょっと大きくて仕舞っぱになってる靴下をPopoに履かせようか?と考えてたんですが、Popoは靴下だと、上手い事脱いでしまうんです(T。T)。
なので、今のところはこのテープが一番調子良いかな、です^^。
そうそう、このテープに印刷されてる会社ですが、製造してるのか?販売のみなのか?わからないですけど、北海道の会社でした^^。

この記事へのトラックバック