【赤い運命】と「行って来ま~す♪」写真

木曜日・金曜日と2日間連続外出をしてややグッタリ気味だった
昨日のワタクシですが、
百恵ちゃんファンのyu-koさんと百恵ちゃんを語ったら
ブログコメントの中ではあったけれども^^、

やっぱファンと語る百恵ちゃん話し、良いわ~

と、ヤバいくらいテンション上がりました・・・こんにちは、kazuboです



そして、今日は『赤い運命』のお話しをちょっとだけ^^(のつもり。笑)

『赤い運命』は、施設が火事になるシーンから始まります。

そしてその後、赤ちゃんの頃からその施設で仲良く育った二人の女の子が、
迎えに来たそれぞれの父親の元に引き取られて行く事になりました。

迎えに来た父親の一人は、
伊勢湾台風で行方不明になった妻と生まれたばかりの娘いづみを
17年間(だったかな?)探し続けてた検事をしている吉野(宇津井健さん)、

もう一人の父親は、殺人の罪で刑務所に入っている間に
妻が施設に預けてしまっていた娘の直子を迎えに来た
島崎(三国連太郎さん)でした。

そう!赤ちゃんの頃から施設で仲良く育った二人の女の子は、
一人は検事の娘、もう一人は殺人の前科を持つ男の娘だったのです。

その上、島崎の殺人事件の裁判を担当した検事は吉野だったのです。


施設にはふたりの女の子が施設に来た時に身に着けていたモノなどが
それぞれの箱に入れて保管してあり、それが身元を証明するものとなって、

一人の女の子は、吉野の娘いづみ(秋野暢子さん)、
そしてもう一人は島崎の娘直子(百恵ちゃん)として
それぞれ自分の父親と暮らす事になりました。

しか~し!

施設でのあの火事の時、二人の女の子の身元を証明するものの箱の中身は
あろうことか(←『知ってはいるけど使う事ない言葉』の内の1つ。笑)
入れ替わってしまっていたのですっ!

そうですっ!
本当は、百恵ちゃんが吉野の娘いづみで、
秋野暢子さんは島崎の娘直子だったのですっ!


・・・って感じで続いて行くお話しなんですけどね(笑)、

自分を検事の娘だと思ってる秋野暢子さんがどんどんのぼせあがって
百恵ちゃんに「私のお兄様には近づかないで」だの「殺人犯の娘」だのと
言いたい放題になって行くわけです。

何も知らず吉野の娘だと信じ込んでいるいづみ(秋野暢子さん)を
傷付けない為、寂しい島崎の為にと、事の真相を知っていながら
直子として生きている百恵ちゃんに向かって
そりゃ~も~意地悪のし放題だった秋野暢子さんは、
小学生だった私には相当憎ったらしい存在だったんですけどね・・・


百恵ちゃんが引退したあとだったかな?

秋野暢子さんがトーク番組かなんかで言ってました。

『赤い運命』が放送されてる時は
プライベートで電車に乗ってても、見ず知らずの人から

「お前が本当は直子なんだよ」

と耳打ちされる事もあったんだって(笑)。

耳打ちされちゃった秋野暢子さんは

「えぇーーーっ!本当にっ!?

言って、驚いてあげてたみたいですよ(≧m≦)。


それに当時は、秋野暢子さんの本物のお母さんが商店街に買い物に行くと
「あんな意地の悪い娘の親に物は売らない!」
言われて、本当に売って貰えなかったなんて笑えない事も
たくさんあったんだって。

『赤い運命』での秋野暢子さんは確かに意地悪で憎たらしかったよ。
でもさ、ドラマの中の事で、大の大人が・・・それも商売屋さんが
「モノ売ったらん」みたいな事するかねぇ
・・・と、それ聞いた時は思ったけど、
ま、私も小学生だったと言え、ドラマの放送中は
秋野暢子さんの事を相当憎たらしいと思ったもんなぁ。

そう言えばさ、
『おしん』がやってる頃の小林綾子ちゃんは、どこ行っても
「お腹いっぱい食べなさい」的な事を言われて食べ物をいっぱい貰ったって
言ってたけど、NHK連続ドラマの主演だったんだから子供と言えども
食べ物くれる人達より良いモン食べてたかも?だし
何なら、食べ物くれる人達より稼いどるっつ~の!だよね(笑)。

なんかさ・・・
一昔前って、娯楽が少なかったのか?見る人の感性が豊かだったのか?
はたまた女優さんの演技がそれほど素晴らしかったからなのかもしれないけど
なにしろ、ドラマに入り込んじゃう人がいっぱいいたのかもしれませんね^^。


・・・と、この話しの着地点が見つからずにおりますが(笑)、

私はちょくちょくしたくなる『赤いシリーズ』話しの為に
一番身近にいるパパちゃんに『赤い疑惑』『赤い運命』『赤い衝撃』の
私が思う『赤いシリーズ百恵ちゃん主要三部作』だけは強制的に見せました。

そして、その後のパパちゃんは、
中条静夫さんを見ると「ゴウスケ」言ったり、ゴウスケ口調で「うさぎっ」言ったり
するようになりました・・・まんまと(≧m≦)。

勿論、秋野暢子さんのお母さんがモノを売って貰えなかった話しや
「お前が本当は直子」話しなんかは、パパちゃんが『赤い運命』を
見終わる前に話しちゃいましたよ(笑)。


ま、結局今日も着地点見つからず・・・みたいなぁ(笑)。


お詫びのしるしと言っちゃ何だけど、
こんなのを最後まで読んでくれた方に金曜日のお出掛け前に撮った
写真をお見せしちゃいます^^。




画像

今日は
1ヶ月半放置した
白髪を染めに
美容院に
行って来ます^^。
















その前に、取れちゃった仮付けしてあった差し歯をくっ付けて貰いに
歯医者さんへ行かねばっ!


それでは、みなさん・・・










画像

行って来ま~す♪


いまどき
前歯がない大人って
なかなか見ない
でしょ?(笑)

前歯がなくなった途端
見事にヤカラになるよ
(≧m≦)













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

yu-ko
2012年12月16日 21:15
kazuboさんのお顔が青木さやかに見えてしまったしまった私です
前歯なし写真!!!これはびっくりだね~(笑)
無事にくっついたかな?

赤い運命の冒頭の白黒の伊勢湾台風の映像、なんか怖かったのを憶えてます。
そうそう、秋野曜子さんは確かに相当に憎たらしかったけど、子供ながらにそれはドラマの中の話で、この人は演技してるだけってのは分かってたし、私も秋野さんの後日談を聞いたことがあるんだけど、ドラマを本気にしてしまう人がいるんだなぁ~と不思議に思ったことがあります。
つい最近も、「おひさま」の井上真央ちゃんの娘ちゃん役の子に「食べさせてあげて」とNHKにお米が送ってくるって話を聞きましたよ~
そこまでドラマに入り込む人っているんだね…
とかいう私もドラマの役で俳優さん好きになったりすることよくあるけどねん(笑)
数年前に石原さとみちゃん主演の赤いシリーズ観ました?
あの時も、友和さんの役をやった藤原竜也くん、全然好きじゃなかったのに、その後ちょっと好きになったんですよね、ふふ。
yu-ko
2012年12月16日 21:22
しまったしまった書いてしまった…(笑)
jack
2012年12月17日 09:30
赤い百恵ちゃん…盛り上がってますねぇ(笑)

恐らく、当時の男子(特に中二世代)は、赤いシリーズより…11PMを、家族に悟られないよう…こっそりと…尚且つ…慎重に…小さな物音や、テレビのスイッチを引っ張る時の音にビビりながら…事前に合わせておいたはずのチャンネルが変えられていて…日本テレビチャンネルとは真逆のダイヤルになってた時の衝撃にも負けず…微妙~な力加減でダイヤルを音を立てずに回すテクニックを習得する事に…………夢中だったと………聞いています( ̄∀ ̄)

(笑)

ま、その話は置いといて
ほんと当時はテレビが絶大な影響力を持っていたし
実際、面白かったよね(⌒~⌒)
他に楽しめるものも少なかったせいでもあるんだろうけど~作り手側にもパワーがあった気がするな!
きっと、映画の全盛期もそんな感じだったんだろうねo(`▽´)o

何でも無い時代の方が熱くて豊だったのかも…と、カッコよく締めたjackでありました(笑)
kazubo
2012年12月17日 18:46
yu-koさん。。。

歯なし写真楽しんで頂けましたか(≧m≦)。それは良かった♪・・・って、もしかして青木さやかに見えた事の方が面白くて歯の有無はどうでも良かったとか?
はい、歯医者さんに行ったあのあと無事に歯はくっ付いたので、もうヤカラじゃないですよ~(笑)。
ところで、赤い運命の冒頭に流れた白黒の伊勢湾台風の映像ですが、毎回流れるのに何度見ても毎回怖かったので私もよく憶えてます。
yu-koさんに白黒の伊勢湾台風の映像と言われてどんどん甦るぅ~!伊勢湾台風の映像の時、チャッチャッチャッチャッチャーチャチャチャチャチャチャ チャーチャチャ チャッチャッチャー(って急に何?と思いますよね。笑)と、バイオリンぽいBGMと男の人の声で「死者行方不明者・・・いわゆる伊勢湾台風である」言ったあと「誰かが私を呼んでいるぅ~」と百恵ちゃんが歌い出すんですよね~。あの日yu-koさんと百恵ちゃん話ししてなかったら、こんな風に『赤いシリーズ』語る事もひたる事もなかなかなかっただろうなぁ♪

そうそう、yu-koさんも秋野暢子さんの後日談聞いてましたか^^・・・アレにはビックリですよね。「お前が本当は直子」と耳打ちした人には「なかなか洒落が効いとる」と笑ってしまったけど、物を売らない商売人は頭オカシイんじゃないかと。それとyu-koさんの井上真央ちゃんの娘ちゃん役の子にお米を送って来る話し聞いて、これは好意以外の何物でもないにしても、未だに居るんだな~とビックリしました。

続く。。。
kazubo
2012年12月17日 18:48
yu-koさんへ続きです^^。

石原さとみちゃんヤツ、観ましたよ~^^。あれは赤い疑惑だったかな?ちょっと百恵ちゃん似の石原さとみちゃんだけど、やっぱり何もかもが百恵ちゃんには敵わないわ~思いながら見たんですけど、私ったら藤原達也君が出てたの憶えてないんですぅ
けど、藤原達也君と聞いたら・・・他には向井理君にブッキーに・・・yu-koさんは可愛い顔したイケメン君が好みかも~^^?
kazubo
2012年12月17日 19:42
jackさん。。。

パーフェクトにブルーにハマりながらも、赤い百恵ちゃんでも盛り上がっておりますよ~♪

jackさんは、こっそり11PMしてたんですね(笑)。私も11PM見てましたが、家はその手の番組でも子供が普通に見てOKだった・・・と言うか親が特に見せない様に気を遣ってなかったので、起きてれば親と一緒に見てました(笑)。あっ!もしかしてjackさんは、土曜の深夜は『鶴光のオールナイトニッポン』をこっそり聴いて爆笑してましたか^^?私はこっそりじゃないけど爆笑してました(笑)

と、私もこの話は置いといてぇ^^・・・

うん確かにっ!昔はTVが物凄く面白かったですっ!
最近は入り込めるドラマが減って、楽しいはずのバラエティでさえも面白くないと思ってしまうものが増えて来たのは、自分の感性が貧粗になって来たからかも?なんて寂しく思える事もあったけど、jackさんに言われてみると、うん確かに作り手側の方も感性とパワーが貧粗になってるから無条件に面白い!と思えるTVや映画が減っちゃったのかもしれない。

そして、ケータイやPCもそうだし昔に比べたらなにかにつけて便利で、選択肢も凄く多いし物も豊かだし・・・その分、吟味するとか熟慮する事も減って、感性もなくなって来てる気がしてるので

>何でも無い時代の方が熱くて豊だったのかも

と言うjackの言葉は
「おっ!今日のjackさんコメントは男前に締め括られてるわ~」思いながら(笑)、でも共感できる言葉です。
yu-ko
2012年12月17日 22:07
向井理くんは好きって言ったことないぞえ。
それに藤原君も顔全然好みじゃないんだけど、そのドラマの時だけ格好良かったんです~。

私はかわいい系のお顔はどっちかというと苦手だと思います~
イケメンの無精ひげとメガネが大好物だよ~ん♪
kazubo
2012年12月18日 14:07
yu-koさん。。。

ありゃ・・・私ったら、大変失礼しましたゴメンナサイ
去年くらいだったか?yu-koさんブログに「向井理くんかわいい」みたいな事が書いてあったのを読んで(なるほど~、yu-koさんは向井理君好きなのね^^)と思った記憶があったんだけど・・・私ったら記憶違いも甚だしくて恥ずかし~よ~、アレは他の方のブログだったのかも~
なのに私ったら、最近になってブッキーとトゥーリ君と名前を聞いた時も(向井理君と言い、yu-koさんは結構可愛い顔のイケメン好き^^?)なんて思ってて、今回の藤原達也君で、コメントには「かも~^^?」書いたけど、本当は(yu-koさんの可愛い顔好き決定だな^^)くらいに思っちゃってました(笑)。
しかし、もうこれでyu-koさんの大好物は(笑)バッチリわかりました!
2020年08月04日 10:20
ケーブルテレビで赤い運命を放送してるのを観てます。
秋野洋子が憎たらしくて頭にきてます
こんな憎たらしく感じさせる秋野洋子さんの演技力の賜物ですね。